子宮筋腫切らずに治す人の会

もし、これを読んで下さってる方のまわりで子宮筋腫で困っている方がいらっしゃったら、どうぞこの先生を紹介してあげて下さい。
http://www.cyutoku.or.jp/shikyukinshu/kinshu_top.html
蘭桂坊の良きお客様でもあります。でも、お客様だから紹介するわけではありませんよ!
放射線科の先生なのですが、子宮筋腫を切らずに治す子宮動脈塞栓術の権威の先生なのです。

私も2005年の暮れ、この先生に子宮筋腫の手術をお願いしました。
長々と子宮筋腫に悩まされ、とある病院に通い、さまざまの治療(ホルモン治療、漢方、ピル、止血漢方等など)を試みたのですが良くならず、全摘か、腹腔鏡の手術をするしかないと言われながら、最後に担当の先生からこう言われました。

「子宮動脈塞栓術というのがあります。子宮に行っている動脈にカテーテルを通して血流を止め、筋腫を枯らせる方法です。
この手術は、うちの病院にもできるドクターがいますが、中部徳洲会病院の具志堅先生とは、技術、手術回数ともに格段の差があるので、よろしければ紹介状を書きますので・・・」

ということで、お腹を切らずに治るのなら、ダメモトでやってみることに決め、具志堅先生に出会ったわけです。

当時私は県立高校の非常勤講師をしていたので、2005年度が終わった春休みに手術をして、翌年度は講師を辞めゆっくりと休養をとろうと思っていました。

ところが!2005年11月には、来月の生理の時には教壇で血だらけになって倒れかねない・・・というほど救いようがない状態まで来てしまった。
貧血もひどく、手に持ってるチョークをしょっちゅう落としたり、車を運転していてもクラクラする。信号停止の度にギアをPに入れないとウトウトしてしまうので危ない。

具志堅先生にすがりついて、もう待てない状態なので冬休みにどうしても手術をして欲しいと訴えたわけです。
あれから2年あまりが過ぎましたが、今は快調、快調!!
貧血も治り、毎晩元気に美味しくお酒が飲めます。

私の手術は98例目くらいだったと思いますが、100例目の手術後から具志堅先生主催で、「切らずに治す子宮筋腫の会」を開催しています。先日第3回目が開催されたので、店をケンジ君にまかせて参加してきました。

術後1週間目、1ヶ月目くらいの方から、私みたいな数年後までの女性患者が集い、どんな症状だったとか、その後の経過だとかを報告しながら、具志堅先生を囲んで飲んだり食べたりするわけです。
いろいろな職業の方がいるけど、筋腫に悩み、動脈塞栓術を受けたというその点で集まるわけで、主婦として大変しんどい思いをした女性ばかりが集まり、話はいろいろな方向に飛んで行き、とてもおもしろい集いになります。

この日参加されてたピヨさんもブログで紹介してますのでのぞいてみてください。
http://pyoblog.ti-da.net/e1984385.html
f0156338_1445029.jpg

[PR]
by powermom | 2008-02-19 14:46 | ご近所と友達の輪
<< 病気の判断には気をつけましょうね。 Salty Dog は海の男たち >>