<   2007年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

讃岐うどん2品     (終了)

スダチがまだあります。
たまたま香川の実家の母が讃岐うどんを送ってきてくれていたのでこのメニューです。
蘭桂坊には変ですが、まぁ、硬いこと言わないでください。
f0156338_192938.jpg

実家に帰ると最初にすることは、“うどんを食べる。”
でも私はめったにぶっかけうどんを食べません。
なぜかと言うと、しょう油がたいていの場合塩っぱすぎるから。
というわけで蘭桂坊では、普通のしょう油はかけません。選りすぐりのしょう油です。でも、どこの何かはヒ・ミ・ツ。食べてくれた方にはお教えしますヨ!
まずは食べてみてください。美味しいです。これを不味いと言った人はまだ会ったことがない。

西田さーん!早く食べに来てくださいよ!
なくなっちゃいますよ!


もう一品は「釜揚げうどん」です。
私もうちの家族も大好きな一品。取り合いになります。
f0156338_1941636.jpg


なにしろ讃岐うどんは美味い!!!!!
そば派の関東出身者を何人もうならせてきたのです。
[PR]
by powermom | 2007-11-28 19:44 | 今だけメニュー

Amon-Ra 開ける

友人のケンジさんが最近料理とワインに興味をもち始めた。
美味しいワインを飲みたい、と言う。
かなり良いワインを格安で提供した。その代わり「私にも飲ませろ!」攻撃をかけた。
オーストラリアはバロッサ・ヴァレーのシラーズ種。グラスの向こうが透けないほどの超フルボディー。
f0156338_23155625.jpg

リーデルのシラーズ用のグラスにポコポコと注ぐ。乾杯すると、澄んだ音がフェードアウトしながら数秒間残る。
香りが、鼻腔をくすぐる。
一口・・・まだ若い、少々酸味のある味が口中に広がるのをじっくり確認。
スティルトンを一口、口に運ぶ。コクのある塩気が広がる。
しばらく、しばらく、待つ。
二口目を口にする。
ん?!甘みが増している。待つ。いつまでも余韻が残る。
スティルトンを食す。スティルトンがまだ口の中に残るか残らないかのタイミングで3口目を飲む・・・・・・・・・幸福感がじわ~り押し寄せてくる。
後は野となれ山となれ!

うれしすぎて料理の写真を撮るのを忘れてました。
(ま、ブログ初心者なので、と言うより、生来、こまめに写真を撮るなんてタイプではないのかもしれませんが・・・)

まずは、チーズと生ハム盛。スティルトン、ミモレット、ブリー・ド・モー、オイル漬けブルーチーズ。自家製タプナードとバターを塗ったバゲットとくるみパン

こってりツマミの後の口直しで、さっぱり系、冷製カッペリーニ(トマト、きゅうり、タマネギ、バジル、セロリ、クリームチーズの具、ゲランドの塩とオリーブオイルと黒胡椒とスダチで味付け)で口の中をゼロに戻したところで、ドカーンとステーキ!3枚。180cm級のドデカイ男2人(1人は泡盛でいっちゃってるんですが。)と伸び盛り食べ盛りの12歳我が息子であっと言う間になくなってしまう。
f0156338_23172351.jpg
沖縄ではスダチはなかなか手に入らない高級品。お客様におみあげに頂く。これをがんがん使えるように料理も考える。






f0156338_2330863.jpg

値段言わずに差し出すと、わが子とケンジさんは780円(原価)のステーキのほうが食べたいとのたまう。OK、OK、そうしてあげようかと思ったがかわいそうなので両方焼いてあげた。780円が2枚、さすがに格安パーティだったので、2000円(原価)のフィレは1塊だけです。いったい消費するのに何分かかっただろうか???たぶん3分。最初は塩・胡椒のみ。半分はニンニク醤油で。

で、もうこの頃にはAmon-Raもほとんどそこを尽きてる。
と、そんな具合で暇な夜は更けていく。そして飲み足りない私は・・・
小料理「小桜」のご亭主から頂いた純米酒「搾りたて」に手を出すのでした。
うまいのです、これがまた。
頂き物を独り占めはできない! 大男2人にもこの味を堪能せい!と無理矢理差し出す。

と、そんな日曜の夜なのでした。
幸せ、幸せ。
お開き・・・
[PR]
by powermom | 2007-11-19 23:44 | パーティー

蘭桂坊 3度目のクリスマス

f0156338_1927886.jpg
今年ももうクリスマスの時期がやってきました。
今日、お店にクリスマス・ツリーを飾りました。
おかげ様で3度目になります。

1度目、2度目はターキー、スパークリングワイン、赤白ワイン、生ビールを用意して食べ放題・飲み放題パーティを開きました。

日ごろのご愛顧にお応えして、店主もスタッフもわいわい楽しくできればという趣旨なので、ほとんどもうけはありません。
普段子供や旦那をほったらかしてお店をやっているので、このクリスマスパーティを子供の冬休みが始まる直前に開き、翌日からお正月7日くらいまで店を閉めます。

今年はまだ日にちもメニューも決めていませんが、またやりたいと思ってます。
f0156338_19485741.jpg




これは去年の写真。
沖縄に来た時から家族付き合いさせてもらってる友人の「おっちゃん」です。
[PR]
by powermom | 2007-11-16 19:52 | パーティー

酸辣湯 (さんらぁたん)

f0156338_20354513.jpg

原材料: 人参、しょうが、たけのこ、干ししいたけ、きくらげ、エリンギ、豚肉、豆腐、卵、唐辛子、豚・鶏ダシ、醤油、ゴマ油、黒酢

(小)320円  (中)450円  (大)780円

(大)のサイズはあくまで2人以上用です。巨大などんぶりに入ってきます。
読んで字の如く、すっぱくて辛いスープです。
でも、辛いのが苦手って方にも食べられるように、唐辛子は控えめに入れてます。
辛いのが大好きな方はラー油をおすすめします。
うちで使ってるラー油は「潮州ラー油」。とっても辛くて香りがいいです。

黒酢で酸味をつけてありますが、すっぱいのが苦手って方にも大丈夫な程度の酸味にしてあります。
なので、もっと酸味を効かせたいって方は黒酢をお申しつけ下さい。

元気になれるスープです。二日酔いには効果抜群ですよ!
私、店主も時々お世話になるスープです。もちろん潮州ラー油をたっぷり入れて。

これにエビワンタンを入れたり、麺を入れたりしたバージョンも出してます。
それぞれ700円です。
[PR]
by powermom | 2007-11-15 20:40 | レギュラーメニュー(食)

中華粥

中華粥(小) 300円  (中) 400円   (大)700円

勝手にのっかってくるトッピング:
    天津冬菜・・・中国の漬物で、白菜に似た葉物野菜をニンニクと一緒に漬け込んで発酵さ
            せたものです。コクがでます。
    ザーサイ・・・皆さんご存知のコリコリした歯ごたえのお漬物。うちはこれをみじん切りにし
            てのせてます。

エキストラ・トッピング:
    刻みピータン・・・ (小) 30円   (中)60円   (大)100円
    棒々鶏・・・・・・・・ (小) 30円   (中)60円   (大)100円

うちの店の看板メニューです。評判いいです。
f0156338_21321544.jpg

沖縄の新聞2紙、土曜の朝のAU提供の沖縄のTV番組「Win Win」、沖縄の情報誌数誌、「ピア」などで、ランチセット(お粥、酸辣湯、点心)が取り上げられて、やっとなんとか店を回せるようになってきました。
[PR]
by powermom | 2007-11-12 21:35 | レギュラーメニュー(食)

半世紀誕生日

11月6日、この世に生を受けてとうとう半世紀が経ったということだ・・・
去年もおととしも内輪のささやかなパーティをしてもらったが、今年は節目。店もやってることだし、ちょっと盛大に祝いたいなぁ・・・と思いながら時間が過ぎ何の用意もしなかった。

でも、ありがたいかな、うちの店のお向かいの居酒屋「ピーチ・ビーチ」のご亭主、前田氏がこっそりと用意してくれ、うちの店で昼間働いてくれている素敵な女性2人も一緒になって、11月5日から6日に変わった途端、ぞろぞろと人が集まってきてパーティを開いてくれた。
なんと、Moet et Chandon まで持ってきてくれました。

前田さん、みなさん、ありがとうございました。
よーし、頑張って、もう半世紀!楽しく人生を生きますよ!!!

大酔っ払いになってしまってて、写真なんか撮る余裕はなかったけど、空いた瓶とカウンターに置かれたカトレアとジャスミンの鉢植えが、確かに確かに祝ってもらった証。
パーティ中はほとんど夢うつつの状態でした。
f0156338_2181573.jpgf0156338_2184934.jpg













ニューヨークに住んでる昔の同僚が、たまたま、5日に沖縄入りして店に遊びに来てくれてて、6年ぶりくらいの再会もあって、パーティ参加してもらえたし。よかった、よかった
ん~、沢田君!すっかりおじさんになったねぇー。でも沢田君はやっぱり沢田君ですねぇ。

6日の夜は家族で近所の純日本料理屋「方寸」に行きました。
実は沖縄にこの手のお店は少ないのです。
まつたけの土瓶蒸し、鯛のあら煮、季節の野菜炊き合わせ、石垣牛の生姜焼き、このしろの棒寿司、それにもちろん、純米酒だー!!
幸せ、幸せ。感謝。
[PR]
by powermom | 2007-11-07 21:22 | 店主のプライベート・トーク

チョコレート・デザート

いつも全然中国とは関係ない飲食物が出てくるのですが、美味しい物は美味しい。
皆さんにも食べてみてもらいたい。飲んでみてもらいたい。
ということで、今日からしばらくのメニューはこれです。
f0156338_19274745.jpg

OGGI という目黒にあるお店のショコラ・デ・ショコラ(プレーン)が好きです。
濃厚なチョコレート味にハーブとシナモンの香りがこっそりとします。
冷蔵物なのですが、私は冷凍室に入れます。
そのほうが切りやすく、ひんやりとした食感がくどさを和らげてくれます。もちろん長持ちしますしね。
友人が沖縄に遊びに来たので買ってきてもらいました。
・・・・・ちなみに私の旦那は東京出張の折にお願いしても「めんどくさい!重い!」と言って買ってきてくれません。・・・・・
かけてるソースはブドウから作った甘酸っぱいヴィンコットソースです。イタリアのものです。ニューヨークに行った時に買ってきました。

横においてる「サスカトゥーン・ベリー」はカナダのサスカトゥーンという町で作られている濃いブルーのベリーから作ったジャムみたいなものです。
「ジャムみたいな」という表現は、「ジャム」には混ざり物がけっこう入ってるんだけど、これはほとんどベリーだけで作られているので食品規定で「ジャム」と言わず、「Jam Type Spread」というのだそうです。甘すぎず、実の食感がたっぷり残っていて、つなぎのベタベタした食感がなくて美味しいです。カナダ旅行の折に買ってきたものです。
↓の写真はサスカトゥーン・ベリーの畑です。
f0156338_19512450.jpg

f0156338_19514625.jpg

収穫のシーズンは終わっていたのでほとんどしわしわになったベリーが少しだけ残っていました。
味はブルーベリーに似ていますが、これは木になる実です。ん~、高さ2mくらいだったかなぁ?
[PR]
by powermom | 2007-11-07 20:09 | 今だけメニュー

極上純米酒2種類飲み比べ、ぜいたくでひま~な日曜

今日は曇天から時折細い雨が降りてくるという典型的な南国の秋冬の空模様。
こんな日はうちの店は客足が遠のきます。
すると私はお酒が欲しくなるのです。
神亀の新しいボトルを開けました。

神亀を教えてくれたニューヨーク在住の親友のブログを見ていたら、讃岐のこだわり純米酒「凱陣」が手に入ったと大喜びしてるとの一話。そして美味そうなつまみの数々の写真が添えられているではないですか!

実は凱陣、一升瓶の底に少しだけ残ったのを大事にとっておいたのです。
何故こんなぜいたくな日本酒があるかというと・・・
これも昨日書いた日記に登場する「小桜」のご亭主・中山さんにおすそ分けしてもらった貴重品なのです。
「小桜」の常連さんが大好きなお酒で、その、名古屋からいらしたという常連さんと中山さんとで一升瓶を抱えてうちの店にいらして下さったのです。

その日にほとんど飲んじゃったのですが、最後の一合足らずくらいだけとっといたのです。

今日こそ!この豪華2ブランドを飲み比べるのにうってつけの日なのです、自分的には。
f0156338_1657426.jpg

どちらも極楽極楽の味で、甲乙つけるのは絶対無理、畏れ多し!もったいなさ過ぎ。

先日、神亀を飲んでいる時に瓶が空いてしまったので、とある別の純米酒に切り替えたのです。
ん?むむむむ?あれ、こんな味だったっけ?というほどの差があるのです。
神亀を飲む前はそれなりに美味しいと思って飲んでたのですが、神亀の直後はいただけなかったですねぇ・・・(後日、単体で飲んでみたのですが、OKでした。)

まぁ、そんなわけで、店も大してもうかってないというのに私はぜいたくな酒を飲んでるわけです。あんまり酔わないようにしま~す、っと。

あ、お客様だ、ありがたいありがたい。感謝。
[PR]
by powermom | 2007-11-04 19:06 | 店主のプライベート・トーク

寒い時期限定 神亀純米酒

f0156338_2040488.jpg
このお酒、とーっても美味しい~!!! です。

なんでチャイナカフェで日本酒なのさぁ?!と言わないでください。
私はお酒が好きなんです。
しかもこのお酒、うちのメニューにけっこう合うんです。

先日ニューヨークの友人と電話で話したとき、いつものようにアルコールと食の話題。
で、この酒を教えてもらい、(何故か海外在住者に日本酒のことを教えてもらうはめに・・・でもこの友人、食に関してはちょっとうるさい女なのです。)まぁそのうちね、なんて思っていたわけです。
    この友人のブログ「グンジ家の食卓」見てみてください。

で、その数日後。知り合いの居酒屋「小桜」で島ラッキョウをつまみにビールだ、日本酒だ、泡盛だと飲んだくれていたら、ここの御亭主が神亀酒造のことを書いた本を持っていたわけです。
これって運命的な出会いかも、なんて思ったりして・・・あ、神亀とのですよ。

「戦う純米酒」(タイトルすごいですよね!)という本なんですが、この本の著者さんが「小桜」にいらしてたのだそうです。(すみません、お名前忘れました。)

で、この本をお借りして読んでみたらなかなかおもしろい。「おー、これは絶対飲まなきゃ!」とすぐさま購入。

まいりました。
美味しいものに関していろいろボキャブラリー探すのは難しいです。
言葉よりもまずは試しにどうぞ。

ちなみに、とある年配のお客様におススメしたら、
「僕は日本酒は子供のころから飲んでるから不味いのは飲まないよ。」っておっしゃりながら、
「あ、これ旨いねぇ」ってぐいぐい飲み始めました。
以来、「あれ、あのお酒ちょーだい。」っていらっしゃるようになりました。

1合¥900です。
[PR]
by powermom | 2007-11-03 20:42 | 今だけメニュー

これを食べたら飲み物1杯店のおごりです!!

たまにはこんな遊びもいいかな?!

友人がフランス旅行のおみあげに持ってきた強烈ジョークのグミみたいなお菓子。

f0156338_1824845.jpg


これを食べたら店からのおごりが!
生ビール1杯 またはそれに相当する飲み物

f0156338_1853125.jpg


なくなり次第打ち止めです。
[PR]
by powermom | 2007-11-03 18:14 | 今だけメニュー