<   2008年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ゴローさんはもう店に出ない。

ゴローさんが店に来ないことになった。沖永良部のプロジェクトのために。
先日、挨拶に来てくれて、あっさりとお別れ。

5月まで、木・金・土のみゴローさんの奥さんのコズエさんが店を開ける。

昨晩いらしていただいた常連さんはうちの店の後、時々ゴローさんのバーに行く。

ゴローさんはものすごく無愛想だ。あんまりすすんで話をする人ではない。

で、そのお客様に、「ゴローさん、今日はもう店に出てないと思いますよ、代わりに奥さんが出てるはずですけど・・・」と言うと、

「あ、うん、そのほうがいいよ」

「え、ああ、ゴローさんて話したりしてました?」

「いいや、全然・・・なんか・・・殴られそうな雰囲気やし・・・」という返事。

なんで行くのかなぁ???と、ちょっと不思議に思いながら、後から私も行ってみた。

満席だった!

私は、店を終わって、代行待ちの間、ゴローさんのところに行くことがある。
外には大音響でジャズが漏れてるので、きっとお客さんいっぱいなはず、と思ってドアを開けると・・・誰もいないカウンターにゴローさんが突っ伏して寝てる。
私が入ったことすら気付いてない。
私はそっとドアを閉めて、隣の「Rock Bar 黒」に行く。

黒 の松浦君にその話をすると、「同じこと言いながらうちに来るお客さんけっこういますよ。」って。
イカスよねぇ、ゴローさん、最近知ったのだけど、ゴローさんは酉年生まれ、私と一回り違うわけだ。今年の誕生日で63歳なはず。
父が亡くなった歳と一緒だ。
同じ歳なのにずいぶん違うなぁ、気ままなゴローさん、チョイ(チョー?)悪親父、でも、憎めない。

ゴローさん、ブログは見てくれてないと思うけど、頑張ってくださいねー!
[PR]
by powermom | 2008-02-29 18:45 | ご近所と友達の輪

讃岐の実家に行ってきまーす。

バハマに住んでる間に大きな出来事があった。
父が突然心臓発作で亡くなってしまったのだ。63歳の若さで、仕事に行く格好で朝食後に・・・
救急車で運ばれてそのまま帰らぬ人になった。

ショックは大きかった。
でもその日の仕事はこなし、翌朝飛行機に飛び乗った。1歳と2ヶ月足らずの子供と一緒に。
バハマ → マイアミ → シアトル → 成田。 なんて遠いんだろう・・・と初めて思った。
移動の間、ほとんど涙は出なかったのに、いよいよ日本が近くなってきたとき、涙が止まらなくなった。どんなに頑張っても止まらなかった。
東京で一泊して翌朝羽田から高松へ。

お葬式にも間に合わなかった・・・

親類一同から責められ、私がわがままばかりしてきたから心労がたたったのだと母にも言われた・・・

逝った日は3月3日、ひな祭りの日だった。私が命日を忘れないように父が設定した日付のようだと、毎年、思う。

今年は13回忌。

すっかり大きくなった息子と一緒に 明日から実家に行ってきます。

以前なら、店を閉めて行くところなのですが、ケンジ君がいてくれるおかげで、店を開けておけます。ケンジ君よろしく。

来週水曜には店に出ます。
[PR]
by powermom | 2008-02-29 18:07 | 店主のプライベート・トーク

ホースラディッシュ使い

f0156338_12354193.jpg

摩り下ろした山ワサビは半分を白ワインヴィネガーに浸し、もう半分はそのままでビン詰めした。

摩り下ろしてるときは、ケンジ君も目が痛いーーーー!と騒いでた。
ところが・・・2時間ほどおいて、生ガキに載せて食べた時には騒ぐほどには辛くなくなってた。

辛みが落ちてきている。

3時間後くらいにブラディー・シーザーに少し入れて飲んだら、全然物足りない・・・・
また、一掬い入れて、まだ物足りない・・・
あと二掬い入れてかき混ぜて、やっと物足りた!山わさび1パックが700円弱だったから、200円分の山わさびを使ってる計算だ。
クラマト1缶使って約200円。ウォッカ、レモン、氷と計算すると・・・

ケンジ君言:まゆみさん、このブラディー・シーザー1000円いただきます。
[PR]
by powermom | 2008-02-28 12:59 | 店主のプライベート・トーク

ホースラディッシュ みーつけたっ!

昨日は火曜日につき店は休業日。
いつもは近所の行きなれたスーパーに行くのだが、ほんの少しだけ離れた食材の多いスーパーに行って、それからもう一軒、普段あんまり行かないスーパーに行った。でも、帰りにどうしても買い忘れたものを思い出して、近所のスーパーにも寄ってしまった。スーパーのハシゴだ。こんなことは旦那とか子供とか一緒だとできない。楽しかった。

ま、それはよしとして、2軒目のスーパーをぶらぶらしてるとき、本ワサビをいくらかなぁ・・・と見ていると、そのとなりに白っぽい根っこがパックされてて、「山わさび」とシールが貼られている。

「わさび」がひらがなで書かれているのを見て、全部漢字で書くと「山山葵」となって、ややこしくなっちゃうからなぁ・・・なんて思いながら、「いったい、『山わさび』って何?」と思って、手にとってみた。
f0156338_13404483.jpg

これって、ホースラディッシュ(西洋ワサビ)に近いかも、と思って買ってみた。

ホースラディッシュ(horseradish)はアメリカに住んでたときに時々お世話になった食材で、辛い物好きの私の好物だった。

オイスターバーでは、生カキにたっぷりのホースラディッシュを載せてペロリ。
バーに行ってブラディメアリーを飲むと、たっぷりとホースラディッシュを入れる。タバスコもいいけど、辛味が十分になるほどタバスコを入れると、タバスコの味が勝ち過ぎる。私はホースラディッシュの刺激と味の加減がお気に入りだった。(バーに置いてるのはビンに詰められたヴィネガー漬けのホースラディッシュなので酸味があります。)


そういえば、かれこれ1年以上前になるが、行きつけの近所のバーでブラディマリーとホースラディッシュの話をしてて、これは日本ではお見かけしないから、本ワサビを入れたらどうだろう、という話になった。たまたま家に生ワサビを買ってた時だったので、取りに帰って、すりおろして入れてみた。食にものすごく興味のあるバーテンダー宇梶君は興味津々。店長さんは顔をゆがめながら、そりゃないだろーやめた方がいいよー、みたいな様子で・・・

Yes!正解。美味しかったですよ。ほぼ近い味がしました。お二人のバーテンダーさんも、おっとぉ!意外!と驚いてました。

で、山わさびの話なのですが、やっぱり、西洋わさび(horseradish)と同一の物でした。明治ごろに西洋から入ってきたものが北海道とか長野などで生育しているらしい。
北海道の食べ方では摩り下ろして醤油をかけてご飯に載せて食べる、なんてのがあったので、もっともシンプルなこの食べ方をしてみた。すりおろしてる時から目が痛い。

子供がトンカツを食べてる横で、母は山わさびを摩り下ろし、ご飯にのせて・・・
んんんんー辛いーーーー!涙は出るは、洟は出るは、咳き込むは・・・
子供は、「かぁさん、馬鹿じゃない?!」って白い眼でじろりと。
でも、でも、大根に似た香りと味があって、私は好きです。

そして、かれこれ1時間少々経った頃、旦那が帰ってきて、さきほど摩り下ろしたものを食べてみたのですが、辛さはかなりとんでました。ついでに大根味もあまりしなくなってました。つまり、私にとってはちょっと物足りない・・・
旦那は、今安価で美味しい甘エビに、本ワサビ代わりに使ってもらい、茄子のお漬物にもちょいと載せて。咳も涙も全然出ませんでした。

よし、今日店に行ったら酢漬けにしとこう!!
摩り下ろすのが、本わさびよりもずっと大変な作業だったので、これはケンジ君の作業にしとこう。

そしたら、生カキもシーズンだし、クラマトもあるから、ブラディー・シーザー作って入れられるし!

みなさんもどうぞ、お試しくださいませ。
[PR]
by powermom | 2008-02-27 13:51 | 店主のプライベート・トーク

蘭桂坊オリジナルカクテル ・ ホワイト・チャイナ

杏仁豆腐を使ったオリジナルカクテル誕生です。
常連さんの好みを聞いてケンジが即興で作りました。なかなか良いセンスじゃぁ!
お客様はとってもお気に入りの模様でした。

皆さんもどうぞおためしくださいませ。甘いの苦手な方にはお勧めできませんが。
600円也。
f0156338_16111237.jpg

[PR]
by powermom | 2008-02-25 16:12 | アルコール類の話

若い子たち

f0156338_15391998.jpg

こんな子たちと知り合いです。
うちの店にも何度か来てくれてて、とってもいい子たちばかりなのですが、年齢的には自分の子供みたいなものだけど、私には13歳の本物の子供がいるので、この子たちはもっとずっと大人っぽいわけで・・・写真右端の宮城恵一郎君とはここ数年来の知り合いで、「知り合い」という言い方よりも自分としては「友達」感覚なわけです。(それ、おかしいだろ!相手はそうは思ってないよ!)そんなふうにこんな若者を「友達」呼ばわりする自分がちょっと、世間に対して恥ずかしかったりします。

たまに自分の歳、忘れちゃうんですよ・・・(え?たまにか?けっこうしょっちゅうだろ!)
そう言えば、子供にしか聞こえない音ってのがあるそうで、うちの子に聞かされたのですが、私、聞こえちゃいました・・・いっしょに聞いてた友人は聞こえないって言うので、え?え?え?ほんと?!って感じでした。


ともかく、沖縄ファッションアート学院http://www2.tontonme.ne.jp/users/ofaa/に通うこの子たちが頑張って何ヶ月もかけて作った洋服の展示会に行ってきました。
ま、パッと見には、すごい!って作品はたくさんはないんだけど、説明を聞いてると、へー!!!すごいねぇー!って作品がけっこうあります。よーく考えられていたり、ちゃんとコンセプトがあったり、ものすごく手が込んでたり・・・
何はともあれ、若者たちが一生懸命何かをやるってのは対象が何であれ素晴らしいことだなぁと思って見せてもらいました。恵一郎君という友達がいなければ、この展示会を見る機会も持てなかっただろうと思うわけです。

自分は、若いころ、ほんとに好きな対象に対して一生懸命に努力した記憶がないので、この子たち、えらいなぁと思うわけです。

頑張れ!若者!
f0156338_15473288.jpg

恵一郎君がコンテストで優勝した作品。手染め。スカート部分の立体襞は大変だっただろうなぁ・・・
f0156338_15455060.jpg

これ、とっても美しかったです。
f0156338_15483734.jpg
f0156338_15463176.jpg

f0156338_1537359.jpg

[PR]
by powermom | 2008-02-25 16:01 | ご近所と友達の輪

台湾 阿里山の高山茶

阿里山に行ってきた友達から頂きました。
さっそく開けてみました。
f0156338_11205459.jpg

うちのお茶メニューの説明コピーは、この友人が書いてくれたものです。もちろん、本を参考にしたりしてるのだと思いますが、ああいう言葉を次々と出してくるのってすごい表現力だなぁと思います。
私はあんまり表現力はないですが、(もとライターとしてはどうかと思う発言!)
高山茶らしい、清清しい香りがたまりません。まだちょっと寒いけど、春が訪れかけて草の息吹が感じられる草原に出たような気分になります。
今の時期にはぴったりのお茶かもしれませんね。

発酵度が低めなので、こんな色をしてます。
f0156338_11295727.jpg

煎れると・・・
f0156338_11311587.jpg

私はお酒が好きで、よく飲むのですが、お茶も好きです。
店に入るとまず最初はお茶を煎れます。
香りも色もほとんどなくなるくらいまで、たっぷりと飲みます。

時間が経ち、暇を持て余したり、お客様に勧められたりして、アルコールが始まります。
そんな毎日です。けっこうたくさんのアルコールを頂きますが、マイペースで、お茶も飲みながらアルコールを頂くので、ほとんど悪酔いすることはありません。
アルコールをオーダーして頂いた方、もし、よろしければサービスでこのお茶をおだしいたします。
もしよろしければ、というのは、酒飲んでるときに、水だのお茶だの飲みたくないって方もいらっしゃいますもんね。

高山茶は読んで字の如く、高度1000m以上の高いところで栽培されるお茶です。冷涼な気候なので農薬も必要がないわけです。もちろん高いところの茶摘だの運搬だのは大変な作業だと思います。有難いことです。「高山」と名のつくお茶は、まず、私は好きです。

一度試してみてくださいね。
[PR]
by powermom | 2008-02-23 11:55 | お茶

病気の判断には気をつけましょうね。

先日、子宮筋腫を切らずに治す会のことを書きました。
が、これに関して、今なお解せないことがあります。
手術そのものが解せないわけではなくて、この手術は健康保険が適用できないのです。

子宮動脈塞栓術という術は、私をはじめ多くの子宮筋腫に悩む女性を救ってきました。

「悩む」という表現をしましたが、子宮ガンで死ぬ人はいますが、子宮筋腫が原因で死ぬ人はいません。でも、ひどい人は、真っ当な日常生活が営めなくなる人も多数います。
なのに・・・塞栓術を受けるのに保険が適用できないなんておかしいじゃないですか!

その辺の理由とは・・・
この手術に保険が適用されると、全摘手術をしてきたドクターたちがその仕事を奪われるからというものなのです!で、そういう先生たちが保険協会に圧力をかけて、まだまだ実績とか副作用のデータが足りないという理由で保険適用を回避してきているというものなのだそうです。
私が最初にかかっていた先生は、最後の最後に塞栓術という手段を教えてくれ、具志堅先生を紹介してくれたのですが、具志堅先生に紹介状を見せると、
曰く、「紹介してくれるなんていい先生ですねぇ・・・」と。
通常は、塞栓術のことも患者には言わないし、塞栓術のできる先生を紹介するなんてもっての外だというのです。

というわけで、この手術の費用は具志堅先生の病院では30万円かかるのです。
でも、この金額はおそらく、日本全国では最も安価な金額であろうということです。50~70万くらいが相場なのだそうです。
具志堅先生の患者さんで、最も遠方からの方だと、秋田県からわざわざ沖縄までこの手術を受けにいらした患者さんがいらっしゃいます。

というわけで、具志堅先生は「地道に啓蒙活動を」という言い方をされておられますが、いろいろと塞栓術を世間に知ってもらうための活動をやっておられます。

なかなか医学会もしがらみやら、政治やら、お金やらが絡んできて患者側の都合や身体を無視した治療なんかがけっこうおこなわれているようですねぇ・・・

そういえば、私もそれなりの年齢になってきたので、成人病なんかも気になり始め、ふと本屋で見つけた「成人病の真実」(近藤誠著)という本を買ったことがあります。
この本を読んでいると、医学会の裏事情の怖さに驚きます。つまり、医者も製薬会社も患者を増やしたいという事情から成人病の範囲を拡大しているというものです。

皆さん、気をつけましょうね!

近藤誠ドクターの略歴を以下に:(楽天ブックスからの引用です。)
73年慶応義塾大学医学部卒業、同年同大学医学部放射線科入局。83年より同大学医学部放射線科講師。がんの放射線治療を専門とし、乳房温存療法のパイオニアとして知られる。患者本位の治療を実現するために、医療の情報公開を積極的にすすめる。「患者の権利法をつくる会」および「医療事故調査会」世話人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
[PR]
by powermom | 2008-02-22 19:35 | 店主のプライベート・トーク

子宮筋腫切らずに治す人の会

もし、これを読んで下さってる方のまわりで子宮筋腫で困っている方がいらっしゃったら、どうぞこの先生を紹介してあげて下さい。
http://www.cyutoku.or.jp/shikyukinshu/kinshu_top.html
蘭桂坊の良きお客様でもあります。でも、お客様だから紹介するわけではありませんよ!
放射線科の先生なのですが、子宮筋腫を切らずに治す子宮動脈塞栓術の権威の先生なのです。

私も2005年の暮れ、この先生に子宮筋腫の手術をお願いしました。
長々と子宮筋腫に悩まされ、とある病院に通い、さまざまの治療(ホルモン治療、漢方、ピル、止血漢方等など)を試みたのですが良くならず、全摘か、腹腔鏡の手術をするしかないと言われながら、最後に担当の先生からこう言われました。

「子宮動脈塞栓術というのがあります。子宮に行っている動脈にカテーテルを通して血流を止め、筋腫を枯らせる方法です。
この手術は、うちの病院にもできるドクターがいますが、中部徳洲会病院の具志堅先生とは、技術、手術回数ともに格段の差があるので、よろしければ紹介状を書きますので・・・」

ということで、お腹を切らずに治るのなら、ダメモトでやってみることに決め、具志堅先生に出会ったわけです。

当時私は県立高校の非常勤講師をしていたので、2005年度が終わった春休みに手術をして、翌年度は講師を辞めゆっくりと休養をとろうと思っていました。

ところが!2005年11月には、来月の生理の時には教壇で血だらけになって倒れかねない・・・というほど救いようがない状態まで来てしまった。
貧血もひどく、手に持ってるチョークをしょっちゅう落としたり、車を運転していてもクラクラする。信号停止の度にギアをPに入れないとウトウトしてしまうので危ない。

具志堅先生にすがりついて、もう待てない状態なので冬休みにどうしても手術をして欲しいと訴えたわけです。
あれから2年あまりが過ぎましたが、今は快調、快調!!
貧血も治り、毎晩元気に美味しくお酒が飲めます。

私の手術は98例目くらいだったと思いますが、100例目の手術後から具志堅先生主催で、「切らずに治す子宮筋腫の会」を開催しています。先日第3回目が開催されたので、店をケンジ君にまかせて参加してきました。

術後1週間目、1ヶ月目くらいの方から、私みたいな数年後までの女性患者が集い、どんな症状だったとか、その後の経過だとかを報告しながら、具志堅先生を囲んで飲んだり食べたりするわけです。
いろいろな職業の方がいるけど、筋腫に悩み、動脈塞栓術を受けたというその点で集まるわけで、主婦として大変しんどい思いをした女性ばかりが集まり、話はいろいろな方向に飛んで行き、とてもおもしろい集いになります。

この日参加されてたピヨさんもブログで紹介してますのでのぞいてみてください。
http://pyoblog.ti-da.net/e1984385.html
f0156338_1445029.jpg

[PR]
by powermom | 2008-02-19 14:46 | ご近所と友達の輪

Salty Dog は海の男たち

昨晩Salty dog を飲んでいたら、5年来の友人が現れた。米軍に所属していたけど、今は一般人として英語の教師をしている友人のMitchel君。
音楽や哲学的なことや、男女のことや、政治のことや人類学的なことや、いろんな話をものすごくハイテンションで熱く語るナイスガイ。
中部に住んでいるけど、那覇に来るときは私の店に立ち寄ってくれる。

で、Salty Dog は何故Salty Dog なのか?というと、この人知ってました。
一説だが・・・ということで。

船上で生まれた、あるいはよく飲まれたカクテルということで、犬の如くハードに働く海の上の男たちは塩まみれですよね、ということだそうです。

で、たぶん、グレイハウンドだのブルドッグだのは後からついたSalty ではないイカツイ犬の名を適当に選んだのじゃないか、と。

ミッチェル君、彼女ができて喜んでて、一緒に4月ごろからお店を始めるんだそうです。
焼き物や絵を飾ってギャラリーとしても機能させていきたいと考えてるそうです。素敵ですね。
オープンしたら紹介します。
f0156338_15582992.jpg

[PR]
by powermom | 2008-02-16 16:00 | アルコール類の話