<   2008年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

季節の青菜炒め

f0156338_64471.jpg

原材料: 大根の葉、紹興酒、ゴマ油、豚・鶏ダシ、塩、白ゴマ

写真は大根の葉を使っていますが、いろいろな葉野菜を使います。

例えば、  からし菜、小松菜、チンゲン菜、クレソン、エンサイ(空芯菜)、ちしゃ菜・・・

たっぷりの束を使いますが、一人であっという間に食べられます。

シンプルですが、なんとも言えない、くせになる美味しさです。

1杯のビールと青菜一皿を、ほぼ2~3日に一度召し上がりにいらっしゃる方がいました。
さすがに2週間ほどいらしてから止まりましたが、今も、たまにいらっしゃいます。

私も大好きです。       オススメ

600円 也
[PR]
by powermom | 2008-04-25 06:18 | レギュラーメニュー(食)

エビワンタン入り酸辣湯

f0156338_20205756.jpg

原材料: エビワンタン(小麦粉、エビ、豚肉、卵、ねぎ、生姜、塩、砂糖)
       酸辣湯の原材料を参照下さい。

エビワンタンはしっかりエビの味がして美味しいです。5個入り。
ラーメンどんぶりくらいのサイズです。

700円 也
[PR]
by powermom | 2008-04-24 20:33 | レギュラーメニュー(食)

夏の香り in Okinawa

f0156338_17536.jpg

いい季節になってきました。ベストの季節かな・・・
日曜に私はお休みをもらってケンジ君が一人で頑張ってるので、子孝行できました。
店を始めて以来数年、日曜は店に出てたので、ほったらかしされてた息子は喜んでる。

で、今日は読谷まで行ってきました。むら咲むら。
馬に乗り、ゴーカートに乗り・・・


でも、もうちょっとしたら梅雨だなぁ・・・

そしたら本格的夏ですねぇ。
[PR]
by powermom | 2008-04-21 01:13 | 店主のプライベート・トーク

今日の空 in Okinawa

f0156338_1195961.jpg

[PR]
by powermom | 2008-04-20 11:11 | 店主のプライベート・トーク

ミネオラ シャンギロンゴ

f0156338_12523693.jpg

700円 也

ミネオラオレンジっていうオレンジが最近スーパーで出回っていますが、これとっても美味しいです。

手で皮を剝けて、そのとき、とってもいい香りがしますし、程よい酸味と甘すぎない甘みがたまりません。

タンジェリンオレンジとグレープフルーツの交配種で、フロリダやカリフォルニアから入ってきます。

うちの息子も大好きなのでよく買うんですが、たまたま店に持ってきたら、ケンジ君が、「これでシャンギロンゴ作りたいですねぇ!」

Oh, good idea! 私はそれを飲みたいよ!

ということで、昨日の私の酒はこれから始まりました。午後5時半也。

あー、やめられない・・・

ミネオラオレンジ1個の果汁とJose Cuervo のゴールドで作ってます。
お試しあれ!

あ、ミネオラオレンジ果汁じゃなくて、普通のオレンジジュースで作るシャンギロンゴは

600円ですのでよろしく。
[PR]
by powermom | 2008-04-19 13:03 | アルコール類の話

杏仁豆腐

f0156338_11165720.jpg

原材料: 杏仁粉、牛乳、生クリーム、クコの実、シロップ

400円 也

杏仁豆腐を食べて、美味しい、と思ったことがないので、美味しいと思える杏仁豆腐を作りました。間違いないですよ、色々あちこちの杏仁粉を試した結果なので。

甘い物好きにはたまらない美味しさ。
お代わりする方もいらっしゃいました。
甘い物があんまり好きではない人も一口は試して欲しい美味しさ。

この杏仁豆腐を使ったカクテル、White China も大好評です。

クコはシロップにつけてやわらかくしてあります。

平日 4:00PM ~ 7:00PM
日曜 12:00PM ~ 7:00PM

日替わり中国茶(お代わり自由)とのセットで 600円 です。

トランジットモールで歩きつかれたら、是非、お立ち寄りください。  
[PR]
by powermom | 2008-04-19 11:28 | レギュラーメニュー(食)

うちのお客様

年金通りのお客様

斜め向かいの「ゆうすげ」と「知恵」が姿を消したら、そちらのお客様がうちにいらっしゃった。
もちろんサービスタイム、4時過ぎです。
日はまだまだ高い。
ま、たまに、むっちゃくちゃおもしろい年金通りらしいお客様がいらっしゃることはあったのですが、今日のお客様は、明らかに「ゆうすげ」と「知恵」が立ち退いたお陰って感じでした。
「ここはカラオケ無いの?」
「この音楽はジャズっていうやつ?」みたいな感じで・・・

泡盛の値段が高すぎる、ってお叱りを受けながら、昔の桜坂界隈の話から仏門修行の話まで、なかなか興味深いお話が聞けました。
41歳以降、1日たりともお酒を抜いた日が無いとおっしゃる!
それって、20年以上毎日欠かさず飲んでるってことですか?!ってたずねたら、“Yes”。
病気で寝込んだこともないんですって。そして、つまり、仏門修行は41歳で打ち切ったらしいんですが・・・

うちの店は、ここら界隈のお店とはちーっと、否、かなり、客層が違ってたんだけど、これからしばしはこんなお客様も増えるかな、なんて思う。

年金通りらしからぬお客様

とまぁ、こんなお客様もいらっしゃいますが、若くて素敵な、年金通りにはふさわしくないようなお客様もたくさんいらっしゃいます。
ご紹介します。千春ちゃん。おじ様たちに囲まれてはにかんだ千春ちゃんがとっても初々しくって・・・ついつい写真を。
f0156338_19311.jpg

おじ様たちは、うちのケンジ君を紹介してあげたいとおっしゃるんですが!
もったいない!ケンジには!
でも、千春ちゃんが、「ガタイがいい男がタイプ」なんて言うもんだから、ケンジ君いい気になってしまったじゃなーい!

西田さん、近々また千春ちゃん連れて来てくださいね。f0156338_1971749.jpg




                     典型的沖縄美女
[PR]
by powermom | 2008-04-17 19:22 | 店主のプライベート・トーク

気になる魚「ミーバイ」

ミーバイ。
沖縄で外食して・・・メニューにこの単語を見ると、ついついオーダーしたくなる私です。
お高いです。
もちろん美味しいです。
でも、すごーく満足したことがないんです。
懲りずに何度も食すのですが・・・
「感動の美味しさ」とはちょっと・・・違うのです。

「感動の美味しさ」とは・・・バハマでよく食べていたグルーパー。
グルーパーとミーバイは同じハタ科に属する魚なんですが、グルーパーはカリブ海中心に大西洋側の亜熱帯から熱帯にかけて棲む魚です。

この魚、どこのレストランで食べてもだいたい美味しいんだけど、島の真ん中にあるあまり観光客が来ない、とある一店(名前は忘れてしまったのですが・・・)で食べるグルーパーは、とにかく、とにかく、どう調理してても美味しかった。
ここのメニューはfish と言うとグルーパーの事を指し、他の魚は一切置いていない。
グルーパーだけで勝負してる店ってわけです。
そして、誰しも知る高級魚だけに島民相手のレストランとは言え、そこそこ高いのです。

貧国の貧乏家庭育ちである我がEx-husbandはたいていのことに節約家ではあったけど、ここのレストランで食事をすることには価値を見出してました。

沖縄へ引っ越してきて、「ミーバイ」と「グルーパー」が同じ仲間だと知ってからというもの、機会があれば食べます。

北部の海沿いの地魚の刺身を出してるような店に行くと、わくわくしながらミーバイ汁なんかをオーダーするんですが・・・

もちろん美味しいんです。文句なく美味しいんです。でも、ですね、やっぱり、思い出の中のグルーパーにはかなわないんです。もちろん、バハマを離れて12年くらいになるので、思い出の中でどんどん膨らんできてるのだろうかとも思うのですが、やっぱり、一口目を口に運んだときの同席者の反応が面白いくらいだったことや、Ex-husband の価値観のことを考えると、やっぱり相当美味しかったんだなぁって思うわけです。

f0156338_11242732.jpgバハマのグルーパーはナッソーグルーパーと呼ばれる、こんな感じのドデカイ奴。とってもフレンドリーで、餌付けされててダイバーとも仲良ししてくれます。小さいときはメスなんだけど、大きくなるとオスになる!(これはハタ科の特徴らしいです。)タコとか小魚も食べる肉食野郎。



話が長くなりましたが、気になってしかたない魚「ミーバイ」もたまに出します。ミーバイと言っても沖縄にはいろんなミーバイがいますね、この写真はアカジンミーバイ。
f0156338_11253911.jpg

原材料: ミーバイ、シメジ、ミズナ、ニンニク、バター、日本酒、醤油

よその店の話ばかりになりましたが、もちろん、うちのもかなり美味しいですよ。
お客様から 「おぉ、これ美味しいねぇ~」とのお言葉いただいてますので。
時価。 このときは600円で出したと思います。
[PR]
by powermom | 2008-04-16 11:09 | 時々 又は たまに出るメニュー

色々調理でムール貝

f0156338_127284.jpg

原材料: ムール貝、みずな、にんにく、白ワイン、バター、塩、胡椒

ムール貝をスーパーで見つけた時だけ出てくるメニューです。でもめったに見ませんが・・・

どう調理しても間違いなく、文句なく美味しいです!

この日はお客様が白ワインをお飲みだったので、味付けを上記のようにしたのですが、飲んでるお酒によって味付けを変えます。 トマト味にしたり、日本酒としょうゆにしたり、パスタに使ったり・・・
[PR]
by powermom | 2008-04-10 12:17 | 時々 又は たまに出るメニュー

民宿「海山木」 行ってきました。 

「海山木(みやぎ)」に行ってきました。
f0156338_12462882.jpg

向かいにあるちょっとした山道を登りきった所の展望台から見た景色です。

友人カップルと、うちは母・息子 + 愛犬ガーリー。1泊2日沖縄北端までの旅。
知人にもパッタリ遭遇したり、息子の東海岸ツーリングの師匠とも言うべき方にもお会いできたり、はたまた1980年代に時を同じくしてNew York で近くに暮らしていた方とかにも偶然お会いでき、楽しくて充実した旅でした。

往路は西海岸58号線の快適なドライブ、復路は息子のリベンジツーリングの下見を兼ねて東海岸県道70号。

まずは海山木のこと。全国にファンが広がり、勝手に海山木の宿泊者が各地でオフ会を開くほど。私が泊まった夜も、ほとんどがリピーターで、なかには5回目という方もいらっしゃった。
どうして?どうして?どうして?
やっぱり、大将の変人ぶりがうけてるんでしょうか?!
でもそれだけではなくて、お部屋はいたって快適で、奥様は美人でとってもナイスな働き者。
みんなが集って食事をする藁葺きの小屋は大将自ら長年かけて作ったもの。
近所に大きなスーパーもないような村なので、食事はたぶん周辺の山野、畑、海や川でとれたものが中心。食事の後は囲炉裏を囲んで、みんなで泡盛や持込の酒を酌み交わす。
           大将が裏の海で獲った魚が酒の肴
f0156338_12541251.jpg

         夕食                    朝食
f0156338_13404237.jpg

       宿泊棟入口             大将が建てた藁葺き小屋
f0156338_13434177.jpg


大将の話は世界が広い。若かりし頃のあちこち旅の話、奥集落のことあれこれ、ダイビングのこと、海の汚染、世界の政治、しまいには顔相まで見てもらったりして・・・

ちなみに・・・
友人カップルの旦那の方は人が良すぎて騙されることがあるから、ビジネスではシリアスになれ!
うちの息子は、大将には菩薩に見えた?!(うちの息子は黒人とのハーフです。)今時珍しい子供で、大将の方が心洗われたと。(ありがとうございます。)
私は、遊び過ぎ。もっと与えられた環境を利用して、仕事を真剣にやりなさい!
お客様の一人は変態、変態、変態。
なんていうふうに・・・
ま、当たってるかどうかは別にして、私は、気持ちだけは、もう少し店のこと真剣に整えていこうと思いはじめました、ので、よかったんだろうと思いますし、コメントは実に面白かったです。

そして、酔いが回りきってきた頃には、やたらと「よろしくお願いします。」を連発しながら握手を求め始める・・・・というあたりでお開きにした方がいいでしょうかね、な空気で一人、また一人と部屋に消えていく。

さて、大将自ら「うちの客は普通の人がいない!」というこの日の面々、私はいたってまともな方ばかりだと思うのですが、大将と話してるときはみんな変な人に早変わりできるんじゃないかと・・・大将に合わせて変な人になってるんじゃないかと・・・あるいは大将とこの宿には人を日常から引きずり出してしまう力があるのかもしれない。

京都からいらした自転車乗りのHさん。折りたたみ式の小型自転車を飛行機に乗せて沖縄へ。過去にも日本各地を自転車旅行されてる方。お嬢さんが海山木のファンという理由でこの日の宿をここに選んでいた。うちの息子にとってはメンターとも言うべき方にお会いできて、大変励まされたようです。お会いできてよかったです。
f0156338_131477.jpg


この日も1日中、フラットな道がほとんどない70号線を走り続けるHさん。60歳くらいなんですよ!朝一番に発って行く背中に息子が別れを叫んでた。
















また、朝食の後にたまたまその日の夜の宿泊先をうかがったら、私の家の隣のホテルに泊まる予定だということで、その夜には、蘭桂坊にいらしていただいた女性2人組。蘭桂坊にてよくよくお話したら、私たち、会うべくして出会ったんでしょうか?!というくらい、共通点を見出して話がはずんでしまった。話を聞きだすのが上手い方たちだったので、ついつい私の話が8割くらいになってしまったけど、今度はお二人の話をもっと聞かせて欲しいです!またいらして下さいね。高校時代のサウスキャロライナのホームステイの話は印象強烈でした!もっとおうかがいしたいです。

泊まっていらした皆さん、「奥やんばるの里」のあけみさん、それに金剛石林山 http://www.kongo-sekirinzan.com/ で迎えていただいたスタッフの皆さんに息子は可愛がられ、うちの犬ガーリーも大事にされて、ほんとに充実した旅ができました。ありがとうございました。
[PR]
by powermom | 2008-04-09 12:18 | 店主のプライベート・トーク