<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

営業時間変更のお知らせ

皆さんこんにちは。

いつもお世話になっております。

お店の営業時間が変更になりましたのでお知らせします。


定休日火曜日は変わらないままに、


月曜日~土曜日まで 15時~23時ラストオーダー

日曜日のみ 12時~21時ラストオーダーとさせていただきます。




また、ランチタイムにお出ししていたお粥とスープのセットはレギュラーメニューになりましたので、お粥を食べたいと思ったときには、具沢山の酸らぁ湯もご一緒にどうぞ♪


さらに、ご飯と酸らぁ湯+ザーサイのセットも提供させていただきます。

一品料理にセットをお付けして、定食に出来ますので、是非ご利用くださいね。


ご迷惑おかけすると思いますが、よろしくお願いいたします。
[PR]
by powermom | 2010-08-21 19:01 | 営業日など基本情報

DVD三昧

休み前日の月曜日は、食堂ジュライにいって痛飲させていただきました。

ゴウ先輩に誕生日プレゼントにと、残黒の一升瓶をいただきました。

飲んで食ってやりましたよ。


そして、二日酔いの頭をふりつつ僕はやりましたよ。やり遂げましたよ。

ツタヤに行って、

ジョージ・A・ロメロ御大の「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」

よくわからんが迫力があったホラー「フィースト」

プロフェッショナル 仕事の流儀 

           棋士   羽生善治「直感は経験で磨く」

        プロデューサー 鈴木敏夫「自分は信じない 人を信じる」

         指揮者 大野和士 「がけっぷちの向こうに喝采がある」

  
とDVD5本借りて、まとめて観ました。いやあ、ゾンビはいいですよ。ゾンビは。

「ナイトオブザリビングデッド」「ドーンオブ」「デイオブ~」「ランドオブ」のロメロ先生の今回のゾンビは、若干ゾンビ成分が足りていないように見えましたが、先生のメッセージを枯れた淡々とした演出で見せていましたねえ。巨匠ですな。



フィーストはケレン味と無駄なエネルギーに満ち溢れた映画でした。

ピータージャクソンの「ブレインデッド」や、「レザボアドックス」「ロックストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」を初めて観たときのような迫力と勢いがありました。

コメディ要素もいい感じでした。
ただ、画面が暗すぎてほとんどグチョグチョしてるところが見えない。音だけで楽しめと!そういうことか!


仕事の流儀は、それぞれほんとに「プロです!」っていうひとたちの言葉だからガンガンとムネに刺さります。

それぞれが仕事に対する自信と誇りを持っている、見えている世界が違う人たちですが、やっぱり皆人一倍悩み、そして問題を解決してきたからこそ、がっつりとした価値観、勝負勘、哲学を持っているんですね。

口だけの評論家や自己啓発作家なんかの言葉ではない、重みのある生の声が力をくれました。

特に良かったのが、指揮者の大野さん。

多い時に100名以上のオーケストラをまとめ、音楽を作り上げる。結果が出なければお呼びのかからない外国のシビアな世界で奮闘してきた人の力というんでしょうか。

また、この人は東欧のオーケストラで指揮者をやっているときに戦争を経験しているんですよね。

そのときの話が素敵でした。

空襲警報が出て、オーケストラの練習が度々中断される。夜は常に管制灯火で電気もつけられない。

しかし、演奏会当日。

電気の無い街の中を、人々が次々と演奏を聴きに集まってきた。いつもよりも多くの人たちが。

演奏会場も明かりがないから真っ暗。

でも、みんな聴き入り、満足して帰っていく。

「人間の存在意義が揺らいだとき、芸術を人は求める」

そんな意味の言葉を言っていました。

自分がこれからも存在し続けるという当たり前のことが脅かされたときに、人間は人間たろうとするために、本能として美しいもの、知性によって構築されたものをバランスを取ろうとして求めるんでしょうか。

ちょっと涙が出そうになった言葉でした。


という、引きこもりな休日でした。そう、またしても。ひきこもり。
[PR]
by powermom | 2010-08-20 12:42 | けんじの部屋