タグ:年金通り ( 6 ) タグの人気記事

消え行く年金通り①

f0156338_16582147.jpg

ちょっと前の話ですが、お向かいの「咲笑」(さえ)が年末に移転しました。このバラック小屋(そりゃぁ言い過ぎ?バラックってことはないですが。)ももうじき取り壊しになります。
同じ建物の中に入っている「Peach Beach」さんは5月くらいまでで店をたたみ、建物自体が取り壊し・・・その後は駐車場になるという話なのですが、私は最後の年金通りの証人ってわけですね・・・

「咲笑」が閉まる直前くらいにPeach Beach のマスターに呼び出されて店を早閉めして「咲笑」で飲みました。
間違ってもこんなご縁がなければ私が行くようなお店ではありませんが・・・
普段は会釈とわずかな会話くらいのママさんがずいぶんと愛想良くしてくれました。おそらくは最初で最後の私たちの会話だろうと思います。

ママさんはご近所のおでん屋で30年だかの長い年月をせっせと働いてきたHさんです。まるで介護士の如く、やさしく、生真面目に、朗らかに、酔っ払いおじいたちを介抱してる姿をみかけたこともしばしばであります。

まぁ、この通りの酔っ払いおじいの酔っ払い度って、並みの酔っ払いじゃありません。そりゃ、すごいものがございます。
例1:昼真っからズボンの真ん中をずぶぬれにして歩いている70歳くらいの・・・
例2:「愛してるよ」をだれかれかまわず連発する、昼間っから目が行っちゃってる50才くらいの・・・
例3:うちの店の斜め前で倒れこんで眠り込んでる近所のおじい。そのうちおもらしもしてしまって・・・おばぁは翌日ケンジに平謝り・・・(ケンジはこのおばぁの店でタバコを買っています。)

なんて書いていくと、うちの店にいらっしゃるのを怖がられるとそれはちょっと困るのですが・・・こんな方々がうようよいるわけではありませんので、ご心配なく蘭桂坊にいらして下さいね。

それはともかく・・・そんな通りで、ママさんは、立ちションしながら崩れ折れそうになるおじいのシャツの背中を握り締めて倒れないように引っ張りあげてる姿を見たことも!
そりゃぁ・・・できませんよ、普通は・・・

何しろ年金通りは不思議な通りで、“蘭桂坊さん、何もこんなところに店を出さなくても・・・”というような通りであります。

私は「咲笑」ママとはかなり違う世界にいるとは思っておりますが、基本が飲兵衛で、こんな通りが決して嫌いな人間ではありません。何かの縁もあったはずです。ちっとも儲からない店ではありますが、なんだか私はこの通りとこの店を愛しております。

昼間、
天気の良い日、
あるいは雨の日でも、
いえいえ、どんな日であろうと、
国際通りの喧騒とは別世界の年金通り、
お客様がいらっしゃらない、
というときは一人ワイングラスにトクトクっと濃厚な赤ワインを注ぎ、少々音楽(島唄ではありません、アシカラズ。ジャズかボザノヴァが多いです。)のボリュームを上げて店で一人飲んだくれるのでありますが、これがまた幸せなわけです。(すみません、世の中の真面目に働いてる方々には申し訳ないなぁと、ちょっとは・・・ちょっとだけ・・・思っています。)

そんな幸せな時間も、この年金通りが年金通りであってこそ!なわけです。
向かいがだだっ広い駐車場でつまらない何のヘンテツもない白い車が並んでいては味気ないじゃないですか!
せめて、観察する価値のあるおもしろい車(セレブな車って意味じゃないですよ)がとまってくれればなぁ、と思うばかりであります。



ところで、Goro’s Bar も閉まっちゃいました。
また、その話は後日。
[PR]
by powermom | 2009-02-09 17:08 | ご近所と友達の輪

あっという間の取り壊し

私と交代のようにケンジが寝込んでしまって、私が店をあけなくてはいけないってんで、3時ごろ来ると、もうけっこう取り壊されていました。「ゆうすげ」と「知恵」。

オープンするのを待つかのようにいらっしゃったお客様方が一段落してから、外に出て見守ってしまいました。
早いですねぇ・・・なくなるのは・・・何だったんだろうなぁ・・・この長屋の歴史は?って感じです。跡形もなく・・・無残にです。
f0156338_19574670.jpg

f0156338_1958779.jpg

f0156338_19585369.jpg

[PR]
by powermom | 2008-04-04 20:05 | ご近所と友達の輪

Rock Bar ・黒

「Rock Bar 黒」は うちの店から歩いて60歩ほど。まだオープンして半年たらず。
Goro's Bar に引き続きオープンした。
どちらも前身がなんという店だったのか私には思い出せませんが、いずれもいかにも年金通りといった風情の店だったはずです。
年金通りも世代交代していってるわけです。
f0156338_180439.jpg

ここは、看板やポスターから見るにコアなロックがかかっていそうなのでちょっと敬遠してた。
とっつきにくそうな、ロックな格好の若者が頭振り乱して今時のしゃべり方してバーテンダーやってるのかなぁと思ってたので、入るつもりもなかった。
でもきっかけは、うちのお客様から話を聞いてから。

このお客様は常連さんの一人で、この界隈の飲み屋という飲み屋を片っ端から知ってる。若者向け、中年向け、同性愛者向け(実はこの界隈ゲイバーがけっこうあるのです)、どんな店でも、どんな場所でもためらいなく一人で入る中年男性。優良企業のサラリーマンを50歳くらいで依願退職して、現在司法書士を目指して猛勉強中。この人も不思議な人で、桜坂界隈の飲み屋に何度かご一緒させてもらったが、どこに行ってもみんなが彼のことを知っている。酒のこともとても詳しい、という人物。この人とハードロックは私の中では到底結びつかないではあるのだが、新しい店は全部チェックするのが彼の趣味なのかもしれない。「Rock Bar 黒」も、もうチェック済みであった。
で、彼曰く、とってもナイスな普通のおとなしそうな兄ちゃんがやっててねぇ、入りにくい店じゃないよ、そんなにうるさい店でもないしね、と。

というわけで、ある晩店をひけてからふらりと一人で行ってみた。

ほんとに、カウンターの中の兄さんはおとなしそうな若者。ロックというよりも、小田和正とか聞いてそうな雰囲気すら(ごめんね、松浦君)。実はこのやさしそうな外見が彼自身はコンプレックスなんだそう。
f0156338_1843366.jpg

DVDが流れている。Jimi Hendrix の知人、肉親が彼のことを語るといったもの。
つかめた!話のきっかけ。
こんなところからなんだかんだと音楽の話しをしてると、外見とは違う彼の音楽嗜好が見えてきた。
何か胸の中には熱いものを秘めている青年なのかもしれない・・・
f0156338_1813784.jpg
私は、ロックはあまり聴かないけど、若い頃の記憶をたどりながら、Red Hot Chili Peppersとか、Fishboneとか、Living Colorとかはすきだったよ、なんて話をしたら、私の好みを分析してくれて、いろいろコメントしてくれた。
で、ついでに好みそうな音を流して、なんて頼んでみるとブルース調のシブイ音楽流してくれたりもあり。

左の写真、下のポスターは私のお気に入り。上手い絵です。Pushead(パスヘッド)という、ロックとスケボー界では有名な人の作品で、限定印刷だそうです。普通は額に入れて飾るくらいの価値があるそう。でも絶対、そのうち今よりすごい絵描きになるはずと私は確信してます。でも、松浦君はサッと、グシャッっと、押しピンの跡も露に貼ってある。

メニューの話にしましょう。
私は甘いカクテルが好きではない。飲んであまり好まないかもしれないカクテルを高いお金を出して頼む勇気はない。つまり、知らない店ではまず知ってる銘柄の酒をストレートで飲む。
で、バーテンダーさんとお知り合いになってから、自分の好みのカクテルを作ってもらうようにしている。さもないと好みではないカクテルを我慢して飲む羽目になりますからね。
同じ名前のカクテルでも作る人によって全然味がちがってきますしね。

で、ここ Rock Bar 黒 での現在のお気に入りは、シャンギロンゴ。
テキーラとオレンジジュースを混ぜただけのカクテルだけど、「黒」 では私の好きな銘柄のテキーラを使ってくれるので美味い。クエルボのゴールド。見た目としては無色のテキーラを使う方がきれいなのかもしれないが、ゴールドは樽香が芳しく、オレンジと良く合っていてとても美味い。
これで500円也。何杯でもスイスイと入ってしまうので、あまりコストパフォーマンスはよろしくないけど、ま、チャージも取られないし、1杯500円ですからね。
ここのところ、Jazzをメインに聴いてたので、たまには趣向を変えてロックもいいかな、なんて、気分が若返り始めた私であります。
松浦君、また、私が好きそうなロックを探しといて下さいね。
[PR]
by powermom | 2008-01-16 19:26 | ご近所と友達の輪

年金通りに夜香木が香る

ある夜、香水のようなにおいがどこからともなく漂ってくる。よほどたっぷりと香水をつけた人が通ったのかと思っていた。が、ずいぶん長く強く続くので、香りのもとをたどってみたら、お向かいの「酒処 咲笑」の入り口の植木のようである。
f0156338_15491688.jpg

女性のお客様が、「夜香木(やこうぼく)」だと思うわよ、とおっしゃる。

次の日の昼間見てみると、花は閉じ、香りもしない。

そして夜が来て、また花は開き、強い香りを放ち始めた。
この夜は西風が吹いていたので、直接うちの店内には香りが流れて来ず、ほんのりと香る程度でなんともいえずいい気分になれた。
f0156338_15524947.jpg

冷たい小雨が降り始め、客足も遠のき、なにせ、三連休の最後の日なので通りには人気もない。「咲笑」さんもお休み。雨の中、1本の枝を手折りに出ました。まぁ、小枝を1本くらいならいいですよね。

年金通りに咲く夜香木。
どちらかというと「場末」という雰囲気の年金通り、決して優雅な雰囲気の通りではないけれど、この夜はちょっと素敵な気分に浸れた。
[PR]
by powermom | 2008-01-16 15:55 | 店主のプライベート・トーク

年金通り(3) Goro's Bar

うちの店の隣はGoro’s Bar。
どっかで聞いたことあるような・・・
でもオーナーのゴローさんは60歳の一匹狼野郎。60歳だけどこの人を「おじぃ」とか「おじさん」とは呼べない。でしょっ!この人です。怖いですよねぇ・・・
f0156338_1847019.jpg

Goro’s Bar はわりと最近のオープンです。
半年くらい前になるかなぁ・・・
なにしろうちの隣なので新しい店がオープンしたら気にはなる。
気にはなるけど、アルミのドアの向こうは何も見えないし、一人で入るのもちょっとためらわれていた。
ある晩、店をひけて駐車場に向かって歩いていくと、大音響のJazzが屋外にもれている。「んっ?!」
ま、その日はせっかくお酒を飲んでなかったので、おとなしく車で帰宅。
数日後、ますますちゃんを誘って行ってみた。
おそるおそるドアを開ける。
奥のカウンターに曰くありげな中年カップル。
私たちは入り口に一番近い席にこっそりと。
ランニングシャツ一枚の日焼けしたごっつい体格のマスターが私たちを一瞥。ドキッ!(あっ、別にあまりのいい男っぷりにときめいたわけじゃないですよ。なんか、こう・・・こわっ!って感じの「ドキッ!」なんです。)

A4版の紙切れにワードで入力しただけの素っ気無いメニューをひらりとカウンターに置くゴローさん。けっこう酔っ払ってる様子。ビールはギネスとハイネケンのみ。ウイスキーはFour Rosesのみ。全品500円。私はギネスを、マスマスはハイネケンを注文。
オリーブが数個のっかった付だしがトンッと置かれる。お箸を手に持って来ているのに、それを置かずにそのまま奥に戻ってしまうゴローさん。
マスマスが、「あの、お箸ください。」と言うと、何事もなかったように楊枝入れを持ってきてくれた。ところが、この楊枝、先が全部上に向いて入っている。マスマスちゃん大笑い。

ギネスが空いた私はFour Roses をストレートでオーダーする。
大きめのショットグラスをカウンターにドンと置き、ボトルからドクドクと注いでくれる。
私の前にいすを持ってきて、自分も4-Rosesを注いで、スピーカーに持たれてすわるゴローさん。JBLだ。

「いい音ですね、オーディオいいの置いてますね。」と言う私に、ちょっとにっこりして、
「うちでね、一番お金かかってるの。自分で壁塗って、内装費4万くらい。たいしたことはないけどオーディオは40万くらいかな、マランツのアンプでさ、ふふふ」

Four Roses を飲み始めた私に無造作に割った板チョコを出してくれて、隣の蘭桂坊の者ですと言うと、ああぁ!となって、このあたりからまぁ和やかに話が弾んでいきはじめたわけです。

今ではうちの店にも奥さん(この方がまたすごいです。トライアスロンやってて、色真っ黒に日焼けしてるし)と一緒に来てくれたり、私もたまに友人と行ったり、一人で飲みに行ったり・・・まぁ、仲良くさせてさせてもらってます。

2年限定で店を出してるそうです。その理由、本当かどうかは知らないけど「2年もやったら飽きるでしょ!」ですって。でもどうやら沖永良部島にでっかいプロジェクト進行させてて、それまでの遊びなのかなって感じもするんですが・・・
興味のある方、こちらを見てみてください。→  http://w1.nirai.ne.jp/goro-s-bar/

おもしろい人ですよー、サーフィンやったり、ダイビングの店も昔やってたそうです。ゴローさんがやってた時代のダイビングって「潜水」っていう時代じゃないかと思うんですけどね。
ま、彼のエピソードは話し始めるとけっこう出てくるんだけど、ここでは割愛。個人情報なので。
皆さん、行って自分でいろいろ聞き出してみてください。
けっこうインテリですしね、(同志社出身だそうです。)けっして怖い人ではなかったです。愛犬連れて顔出したり、ま、時と場合によっては怖い人にもなるのかもしれないですが・・・
なかなかおもしろい人が集まり始めた年金通りであります。
f0156338_19524816.jpg

[PR]
by powermom | 2008-01-10 20:08 | ご近所と友達の輪

年金通り(2) 千恵

f0156338_211511.jpgf0156338_21152797.jpg












「ゆうすげ」さんのお隣は「サロン千恵」
スゴイでしょ!え?何が?まぁまぁ、いいじゃないですか。
ここの店はめったに開きません。「開かずの店?」
ここのところ全然ここのママさんをお見受けしません。見るときはいつもミニチュアダックスをつれています。頭下げて「こんちわ」くらいしか私も言わないし、あちらもほとんど口を開きません。目で挨拶するのみ。
もちろん店にいる時は犬も一緒みたいです。
中に入っていいですかって言い出す勇気はないです。
でも、一度だけ、すごーく親しくお話したことがあります。
それは、うちの息子が我が家の愛犬ガーリーを連れて店に来てて、犬を外につないでいた時。
もうずいぶん前の話なので内容は忘れてしまったけど、彼女は珍しくニコニコしながら近づいてきて犬の話に華が咲いたのを覚えてます。

あ、でもうちの店が閉めた後、夜遅~くに、あるいは明け方に、開けてたりするのかもしれません。
一度、たまたま、私の帰りがすごく遅くなった時、周りの店も全部閉まってるのに、知恵さんところは明かりが点いてたときがあります。で、実は中からけっこう大きな声の女性の泣き声が聞こえてきてました・・・
ね、人生劇場ですよね、いろいろあるわけです。生きてるんですね。
それともただの酔っ払いの泣き上戸ってだけかもしれませんが・・・

でも、こんな渋い店も、大手の会社が出してるきれいな店よりなんだか存在意義はあると思うわけです。でも、なくなるんです。移転するのかなぁ?今度お会いすることがあったらぜひとも聞いてみたいと思ってます。できれば中も見せてもらうようお願いしたいです。
[PR]
by powermom | 2007-12-14 21:41 | ご近所と友達の輪