ホースラディッシュ みーつけたっ!

昨日は火曜日につき店は休業日。
いつもは近所の行きなれたスーパーに行くのだが、ほんの少しだけ離れた食材の多いスーパーに行って、それからもう一軒、普段あんまり行かないスーパーに行った。でも、帰りにどうしても買い忘れたものを思い出して、近所のスーパーにも寄ってしまった。スーパーのハシゴだ。こんなことは旦那とか子供とか一緒だとできない。楽しかった。

ま、それはよしとして、2軒目のスーパーをぶらぶらしてるとき、本ワサビをいくらかなぁ・・・と見ていると、そのとなりに白っぽい根っこがパックされてて、「山わさび」とシールが貼られている。

「わさび」がひらがなで書かれているのを見て、全部漢字で書くと「山山葵」となって、ややこしくなっちゃうからなぁ・・・なんて思いながら、「いったい、『山わさび』って何?」と思って、手にとってみた。
f0156338_13404483.jpg

これって、ホースラディッシュ(西洋ワサビ)に近いかも、と思って買ってみた。

ホースラディッシュ(horseradish)はアメリカに住んでたときに時々お世話になった食材で、辛い物好きの私の好物だった。

オイスターバーでは、生カキにたっぷりのホースラディッシュを載せてペロリ。
バーに行ってブラディメアリーを飲むと、たっぷりとホースラディッシュを入れる。タバスコもいいけど、辛味が十分になるほどタバスコを入れると、タバスコの味が勝ち過ぎる。私はホースラディッシュの刺激と味の加減がお気に入りだった。(バーに置いてるのはビンに詰められたヴィネガー漬けのホースラディッシュなので酸味があります。)


そういえば、かれこれ1年以上前になるが、行きつけの近所のバーでブラディマリーとホースラディッシュの話をしてて、これは日本ではお見かけしないから、本ワサビを入れたらどうだろう、という話になった。たまたま家に生ワサビを買ってた時だったので、取りに帰って、すりおろして入れてみた。食にものすごく興味のあるバーテンダー宇梶君は興味津々。店長さんは顔をゆがめながら、そりゃないだろーやめた方がいいよー、みたいな様子で・・・

Yes!正解。美味しかったですよ。ほぼ近い味がしました。お二人のバーテンダーさんも、おっとぉ!意外!と驚いてました。

で、山わさびの話なのですが、やっぱり、西洋わさび(horseradish)と同一の物でした。明治ごろに西洋から入ってきたものが北海道とか長野などで生育しているらしい。
北海道の食べ方では摩り下ろして醤油をかけてご飯に載せて食べる、なんてのがあったので、もっともシンプルなこの食べ方をしてみた。すりおろしてる時から目が痛い。

子供がトンカツを食べてる横で、母は山わさびを摩り下ろし、ご飯にのせて・・・
んんんんー辛いーーーー!涙は出るは、洟は出るは、咳き込むは・・・
子供は、「かぁさん、馬鹿じゃない?!」って白い眼でじろりと。
でも、でも、大根に似た香りと味があって、私は好きです。

そして、かれこれ1時間少々経った頃、旦那が帰ってきて、さきほど摩り下ろしたものを食べてみたのですが、辛さはかなりとんでました。ついでに大根味もあまりしなくなってました。つまり、私にとってはちょっと物足りない・・・
旦那は、今安価で美味しい甘エビに、本ワサビ代わりに使ってもらい、茄子のお漬物にもちょいと載せて。咳も涙も全然出ませんでした。

よし、今日店に行ったら酢漬けにしとこう!!
摩り下ろすのが、本わさびよりもずっと大変な作業だったので、これはケンジ君の作業にしとこう。

そしたら、生カキもシーズンだし、クラマトもあるから、ブラディー・シーザー作って入れられるし!

みなさんもどうぞ、お試しくださいませ。
[PR]
by powermom | 2008-02-27 13:51 | 店主のプライベート・トーク
<< ホースラディッシュ使い 蘭桂坊オリジナルカクテル ・ ... >>